千葉県鎌ケ谷市で鉄筋継手工事(ガス圧接、溶接継手、機械式継手、フレア溶接)なら「有限会社シロイ圧接」-事業案内

047-404-2498受付時間:平日 9:00~18:00

お問い合わせ

事業案内SERVICE

ホーム > 事業案内

ガス圧接継手

ガス圧接継手

シロイ圧接では、鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造の商業ビルやマンションなど大型建造物から小型建造物に至るまで幅広くガス圧接継手を行っています。

ガス圧接継手

鉄筋工事では、鉄筋を指定された所定の長さに切断した状態で各現場へ運ばれてくるため、工事に利用する際に鉄筋と鉄筋を繋ぐ継手工事が必要になります。
継手工事におけるガス圧接継手は、鉄筋の接合端面を突き合わせて、圧力を加えながら、接合部分を酸素・アセチレン炎で加熱し、接合端面を溶かすことなく赤熱状態で膨らみを作り金属を結合させる継手の工法です。
シロイ圧接は公益社団法人日本継手協会より優良圧接業者として認定を受けることで幅広く圧接継手に対応できる体制を整えています。

高分子天然ガス圧接

高分子天然ガス圧接では、高分子還元剤(P Sリング)を用いる環境にやさしい天然ガス圧接継手の工法です。
天然ガス圧接工法にかわる工法として開発された高分子天然ガス工法は、従来の還元炎を使用したガス圧接工法と同等以上の施工性と品質を確保しており、環境面においても天然ガスにより二酸化炭素排出量60%も削減可能な環境にやさしい新しい継手工法になります。

杭頭補強筋溶接

杭頭補強筋溶接

商業施設、ビル、マンション、学校などの公共施設などで一般的に用いられている工法の一つです。
杭頭補強筋溶接では、杭頭部と地中梁など基礎コンクリートとの融合方法の一種で、鋼管杭外周に補強鉄筋(異形棒綱)を溶接する工法です。

溶接継手

溶接継手は、鉄筋の接合面に熱や加圧を加えたり、溶接棒などで鉄筋端部を溶融させたりすることで鉄筋を結合させる継手工法です。
シロイ圧接では商業ビル、マンション、公共施設などに対して杭頭補強溶接やフレア補強筋溶接の工法を中心とした用途に応じた溶接継手を行っています。

フレア補強筋溶接

主に耐震補強工事の高速道路高架橋や橋梁、大型建造物などの柱で用いられるフレア補強筋溶接は鉄筋同士を重ね合わせた部分にアーク溶接を用いて接合する工法です。
工法として開発されてから歴史は長く、柱フープ筋、鋼管杭ひげ筋、せん断補強筋やスラブ筋などに用いられています。

機械式継手

鉄筋同士を機械的に接合した継手を機械式継手といい、鉄筋を直接接合するのではなく、特殊鋼材製(スリーブ又はカプラー)と異形鉄筋の筋の噛み合いを利用して接合する工法で、異形鉄筋のみに可能な継手の工法です。
シロイ圧接では、ねじ筋鉄筋継手、モルタル充填継手、端部ねじ加工継手、鋼管圧着継手など機械式継手における様々な施工体制を整えて建物に応じた最適な工法による施工を行っています。

お問い合わせCONTACT

お見積り、ご相談等、
お気軽にお問い合わせ下さい。

047-404-2498受付時間:平日 9:00~18:00

お問い合わせはこちら